HOME > 体を温める >

足温器で体を温め、体温を上げると体が喜び、健康になります。

足温器で体を温めると体が変化していくのがわかります。

  • 豊かな生活ができる現代の生活は我々の体の本来の体温を奪っています。
  • 毎朝起きたときに体温を測ってみませんか?
  • 36.5℃以上ある方が非常に少なくなっています。

現代人は低体温・低代謝になっている可能性が高い。

  • 生まれた時からエアコンの効いた快適な部屋での生活が汗腺の発達を妨げているのです。
  • 50歳代以上の方は若いころに「熱中症」という言葉をあまり耳にしなかったと思います。
  • 汗がかけないから、体温が上がると困るので、体は低体温で対応しようとする。
  • 低体温になると低代謝になる。
  • 低代謝になると太る。(肥満の原因は低体温かもしれません。)

 冷えは万病のもと

昔の人はいいことを言いましたね

足温器でしっかり足を暖めましょう。

冷えは万病の元。足温器でしっかり足を温め、体温を上げましょう。

ひとつでも思いあたる項目があれば、足温器で体を温めましょう。

仕事をしながら足温器で体を温めるだけで、体温があがり症状が変化します。

冷えは万病のもと!地球上のすべてのものは冷えると硬くなる。

地球上のすべての物質は冷えると硬くなり、温度か上るとやわらかくなります。硬い物の代表がガンです。足温器で体を温める習慣をつけて、体温を上げましょう。

冷えは万病のもと!足温器で足を暖めて血の流れを良くしましょう。

冬の寒い時に足湯は気持ちいいですね。デスクの足元に足温器をおいて、仕事中も脚を温めると部屋の暖房を節約できますね。

石原結實先生の「からだを温めると病気は治る」より

  • 人は生まれたとき(赤ちゃんの時)が一番体温が高く、年齢を重ねるうちに次第に体温が下がるそうです。
  • 足温器で体を温め、体温を上げる努力をしましょう。

最近は36℃以上ある方があまりいらっしゃいません。特にデイサービスでお目にかかるお年よりの低体温はかなりのものです。足温器で体を温めると本当に気持ちよさそうにされます。

岩盤浴足温器で足の裏を温めて刺激しましょう。

足温器で足を温めると体が温まり、体温が上がり、想像以上に体調が変化します。

足温器で体を温め、体温を上げることの効能 その1

足温器で体を温め、体温を上げるとお風呂に入った時と同じように血行がよくなり、全身の血流がよくなります。受験生の方も脳への血流が増えて好結果を期待できます。

足温器で体を温め、体温を上げることの効能 その2

足温器で体を温め、体温を上げると当然血流がよくなり、色々なことが期待できます。

足温器で体を温め、体温を上げることの効能 その3

足温器で体を温め、体温を上げると腎臓への血流も増加するので、体内で出来た老廃物もどんどん浄化されます。

足温器で体を温め、体温を上げることの効能 その4

足温器で体を温め、体温を上げると当然お風呂に入った時のように副交感神経が優位になり、リラックスできます。

血液の主な働き

画像の説明

足温器で体を温め、体温を上げて血流を改善しましょう。

  • 体を温め、体温を上げるのに一番簡単な方法は、「ながら療法」です。
  • 仕事中もデスクの足元に置き、足温器で足の裏を温めることです。
  • リラックスモードでテレビを見るときも足温器を足元において、
    足を温めると、体が温まり、体温が上ります。

夜寝る時に足が冷たくて、靴下を履いて寝る方

  • 足が冷たいて、体温が下がっているとなかなか寝付けません。
  • 足温器で足裏を温めると、体が温まり、体温が上がり、副交感神経優位になり、グッスリ休めるようになります。

a:9502 t:1 y:2